2010年10月13日

iDroid MoJo v1.0.3 を iPhone 3G へインストール

iPhone 4 を購入してから余っていた iPhone 3G。
JBしたりして遊んでいたけど、このたび前から気になっていた Android のインストールを試してみた。
インストール可能な端末(結構厳しい)と詳しいインストールの手順は iDroid Project Wiki を参照。
英語だけど本当に丁寧に書かれていて、必要な情報はほとんど網羅されているので、是非じっくり読んでみて欲しい。

おおまかな手順は以下のとおり。

0.JailbreakMeなどを使った場合はredsn0wなどでJBしなおす
  (復元しなくてもJB済みの状態から可能だった)
1.ブートローダである openiboot をインストール
  (Linuxなどを使って何度かコマンドを打つ)
2.Cydia から Bootlace をインストール
  (リポジトリ追加して普通にインストール)
3.Bootlace を使って iDroid をインストール
  (全自動だけどイメージのダウンロードに一時間くらいかかった)

実は前回Ubuntuをインストールしたのはこれのためでした。
32bit の Linux 環境が手元になかったので。
openiboot の導入ツールが32bitにしか対応してないみたい。

実際の作業は Bootlace のおかげでずいぶん簡単だった。
iDroid のダウンロードとインストールに加えて、
マルチタッチのドライバを引っこ抜いてくれたり、
Wifiのドライバをダウンロードしてくれたり、勝手に全部やってくれる。
v2.1では openiboot のインストールもサポート予定だとか。すごい!

で、実際の使用感だけど、これが想像していたよりも随分まとも。
iPhone 3G であるが故にモッサモサなんだけど、全体的な動作はかなり安定している。
WiFiがちょっと不安定だけど、ドライバをV9からV8にすればマシになるんだろうか?
いずれにせよiDroid のデベロッパは本当に良い仕事をしていると思う。

Market や Map は Google のプロプライエタリなので iDroid には同梱できない様子。
adb(デベロッパ用ツール)を使ったアプリのインストールは可能みたい。この辺はそのうち試してみたい。

v1.0.3になってパワーマネジメントが組み込まれ、HOME+SLEEPがPOWERボタンにマップされたことで、だいぶ実用的になったみたい。
デベロッパにはこれからも頑張って欲しいと思います。


ラベル:iDroid iPhone
posted by Nang at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

Ubuntu 10.10 Netbook Edition を AS1410 にインストール

Ubuntu 10.10が出ていたのでAS1410にインストールしてみた。
新しくUnityというのが入ったらしいNetbook Editionを選択。

AS1410にはDVDドライブがないので、USBメモリを使うことに。
USBメモリにインストールする方法はいくつかあるけど、
今回はUbuntuの標準機能を使用することにした。

VMWare上にインストール済みのUbuntu 10.04があったけど、
10.10のUSBメモリを作るには10.10のUbuntuが必要みたい。
(10.04でも作ることはできたけど、使うときにエラーが出た。)
ということでまずはVMWare上のUbuntuをアップグレードした。
手順はUbuntu Japanese Teamのページに詳しく書かれている。

USBメモリが出来たらあとはAS1410に接続して起動時にF12で
ブートメニューを表示し、USBメモリを選択して指示に従うだけ。

あらかじめWindows上でパーティションを縮小し、空き領域を
作っておいたけど、Ubuntuのインストーラーが親切すぎて逆に
面倒だった。(標準でWindows領域を縮小してインストールする…)

肝心のUbuntu 10.10はすこぶる快適。まだ大して触ってないけども。
Unityのインターフェースは少し慣れが必要かな。

【Amazonリンク】

ヘッドフォンが嫌になってきたので購入。USB接続でコードがすっきりしているのが良い。小ささ故に低音は全く鳴らず軽い音がするのは我慢。
ラベル:ubuntu AS1410 Linux
posted by Nang at 22:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月09日

torne購入

最近、自由な時間が少なくて見たい番組が見れなかったので、
そろそろ地デジレコーダーが欲しいなと思い始めた。
Win7のWMCに対応したPC用チューナーか、PS3用のtorneかで迷ったけど、分配器を買わなくていいのとUIが良さそうなtorneに決定。

が、いざ探し始めると、なにやら品薄らしいtorne。
5/8に入荷という情報があったので当日近所のヤマダ電機に行ってみたらあった。即購入、8982円。ちょうど先日、店頭のスロット機で1000pt当ててたので気持ち的には8000円弱。

4/1のPS3 3.21アップデートでLinuxが封じられたのでウチのは3.15で止めてたんだけど、torneは専用バージョン3.16を持っていてLinux機能も残るのでちょうど良かった。Sonyもちゃんと考えてるのかも。
最新版じゃないのでPlayStation Networkに接続できず「トルミル情報」が表示できないけど、基本機能は問題なく使える。

PlayStation Networkに繋がらないのは相当痛いけど、最近ゲームもやってないし、しばらくはtorne専用機にしよう。
GPGPUに詳しくCELLもかじったという友人ができたので、CELLプログラミング用にLinuxを使う可能性も僅かに残っていることだし。

250GBのPS3が数量限定で発売されたり、250GBへの換装サービスが始まったみたいだけど、うちのは320GBだ!
torneも使えるし、Linuxも動くし、PS2ソフトも動く!
PlayStation Networkには繋がらないけど…orz

【Amazonリンク】
PlayStation 3(120GB) チャコール・ブラック(CECH-2100A)
torne(トルネ)(CECH-ZD1J)
※torneの希望小売価格は9,980円なので注意!
ラベル:PS3
posted by Nang at 19:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。