2010年10月13日

iDroid MoJo v1.0.3 を iPhone 3G へインストール

iPhone 4 を購入してから余っていた iPhone 3G。
JBしたりして遊んでいたけど、このたび前から気になっていた Android のインストールを試してみた。
インストール可能な端末(結構厳しい)と詳しいインストールの手順は iDroid Project Wiki を参照。
英語だけど本当に丁寧に書かれていて、必要な情報はほとんど網羅されているので、是非じっくり読んでみて欲しい。

おおまかな手順は以下のとおり。

0.JailbreakMeなどを使った場合はredsn0wなどでJBしなおす
  (復元しなくてもJB済みの状態から可能だった)
1.ブートローダである openiboot をインストール
  (Linuxなどを使って何度かコマンドを打つ)
2.Cydia から Bootlace をインストール
  (リポジトリ追加して普通にインストール)
3.Bootlace を使って iDroid をインストール
  (全自動だけどイメージのダウンロードに一時間くらいかかった)

実は前回Ubuntuをインストールしたのはこれのためでした。
32bit の Linux 環境が手元になかったので。
openiboot の導入ツールが32bitにしか対応してないみたい。

実際の作業は Bootlace のおかげでずいぶん簡単だった。
iDroid のダウンロードとインストールに加えて、
マルチタッチのドライバを引っこ抜いてくれたり、
Wifiのドライバをダウンロードしてくれたり、勝手に全部やってくれる。
v2.1では openiboot のインストールもサポート予定だとか。すごい!

で、実際の使用感だけど、これが想像していたよりも随分まとも。
iPhone 3G であるが故にモッサモサなんだけど、全体的な動作はかなり安定している。
WiFiがちょっと不安定だけど、ドライバをV9からV8にすればマシになるんだろうか?
いずれにせよiDroid のデベロッパは本当に良い仕事をしていると思う。

Market や Map は Google のプロプライエタリなので iDroid には同梱できない様子。
adb(デベロッパ用ツール)を使ったアプリのインストールは可能みたい。この辺はそのうち試してみたい。

v1.0.3になってパワーマネジメントが組み込まれ、HOME+SLEEPがPOWERボタンにマップされたことで、だいぶ実用的になったみたい。
デベロッパにはこれからも頑張って欲しいと思います。


ラベル:iDroid iPhone
posted by Nang at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。